プチ整形Q&A/メソセラピー注射編

プチ整形に関する代表的なQ&A(メソセラピー編)をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。


Q1 メソセラピーって何ですか?

メソセラピーとは、脂肪を溶解する成分である「フォスファチジルコニン」を用いた痩身法で、1952年にフランス人のミシュエル・ピストール医師によって開発されたプチ整形の治療法です。


フォスファチジルコニンは、大豆を原料とした醤油レシチンから抽出されるもので、代謝機能を増強する働きがあります。コレステロールを減らしたり、肝臓や細胞の代謝機能を高めることが、医学的にも立証されています。


脂肪吸引手術が脂肪細胞の個数を減らしていくのに対して、メソセラピーは、一つひとつの脂肪細胞を小さくしていきます。さらに効果がある場合には、セルライトも目立たなくなります。リバウンドの心配もまずありません。すごく手軽で安全なプチ整形といえます。


最近ではアメリカにもこの治療法が紹介され、特に脂肪溶解ダイエットとして広がっています。



Q2 どんなプチ整形ができるの?

メソセラピーは、注射で治療部位に直接有効成分を注入するので、太もも、顔や首、お腹、二の腕など身体の各部位の「部分やせ」に大きな効果を発揮します。


また、セルライトに含まれる毒性の物質を尿を通じて排泄することになるため、一般的な運動やダイエットの場合に引き起こされる疲労感、精神不安定、虚弱感などもありません。さらに、局部的に注射されたセルライトの部位に、再び脂肪が蓄積することを防ぐ効果も期待できるんですね。


メソセラピーで脂肪の分解・溶解のために使用する薬剤は、ヨーロッパ各国で正式に認可されており、アメリカのFDAや日本の厚生労働省でも承認されています。


メソセラピーのメリットは、極細の小さな針で部分的に肌の表面に注射を打つだけなので、痛みを感じることがほとんどないことです。メソセラピーの出現により、苦痛や努力を伴わない安全な脂肪除去のプチ整形が可能になりました。



Q3 メソセラピーの効果ってどれくらいあるの?

通常、2〜4回目の注射の後に効果が出てきます。


脂肪吸引手術の痩身効果に比べると、4回の注射で脂肪吸引手術を受けた場合の約7割程度だといわれています。脂肪がすべて溶解するのではなく、一つひとつの脂肪細胞が小さくなるわけですから、十分納得できる効果ではないでしょうか。

プチ整形Q&A/カーボメッド注射編

プチ整形に関する代表的なQ&A(カーボメッド編)をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。


Q1 カーボメッドって何ですか?

カーボメッドとは、動脈硬化やリウマチの治療をコンピューターで制御しながら安全かつ手軽にできるようにフランスで開発された装置のことです。


もともとは動脈硬化やリウマチの治療のために開発されたカーボメッドですが、脂肪の分解や妊娠線の解消などにも効果があることから、最近では、プチ整形への応用が注目されています。



Q2 どんなプチ整形ができるの?

カーボメッドは、痩せたい部分だけに炭酸ガスを注入することで、痩せたい部分だけを細くすることができます。細かい部分痩せも思いのままにできるわけです。


このカーボメッドという機械を使い、点滴の針より細い極細針で、炭酸ガスを皮下脂肪に注入します。すると血液中から酸素が放出されて脂肪を分解し、やせたいところだけが細くなります。


つまり、やせたい部分だけ有酸素運動をしている状態になるというわけです。さらにうれしいことに、肌の代謝を良くするので、アンチエイジングや肌荒れ改善というオマケもあります。


炭酸ガスが脂肪組織の結びつきをゆるめるので、肌に醜いデコボコをつくるセルライトの解消にも抜群の効果を発揮します。


ダイエットをしてもサイズダウンが難しい部位に局所的に対応できるカーボメッド。何て手軽なプチ整形でしょう!



Q3 カーボメッドの効果ってどれくらいあるの?

カーボメッドは、効果の出方が緩やかで、定期的に受けないと効果が得られないという難点はありますが、「体のラインが気になるけど、脂肪吸引まではちょっと…」という方に、エステ感覚で受けることができる“手術をしない脂肪吸引”です。

プチ整形Q&A/ニューフィル注射編

プチ整形に関する代表的なQ&A(ニューフィル編)をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。


Q1 ニューフィルって何ですか?

ニューフィルとは、フランスで開発されたポリ乳酸を主成分としたプチ整形の皮下注入剤です。ポリ乳酸は生体内分解性物質なので、体内に入って水と炭酸ガスに分解され吸収されます。


トウモロコシやジャガイモなどのでんぷんや糖類を原料として作られるニューフィルは、体内でも自然界においても水と炭酸ガスに分解されることから、人と地球に優しいバイオプラスティックの一種として、世界的に注目されています。


ヨーロッパでは、美容整形や再建外科の分野で、20年以上前からこのニューフィルが利用されているようです。



Q2 どんなプチ整形ができるの?

目元や口元、頬、こめかみなどの細かいしわやくぼみなどを修復するプチ整形にとても効果的です。また、しわ取りに加えて、鼻を高くしたり、顔立ちをはっきりさせたりするプチ整形にも利用されています。


ニューフィルは、ヨーロッパではかなり認められてきていますが、長期的な安全性について不明な点も多いため、日本では賛否両論あるようです。


ニューフィルを皮下に注入することにより、繊維芽細胞が増え、それがコラーゲン繊維の生産を促進するという順序で、真皮が厚くなります。アレルギー反応等を引き起こす心配はありません。



Q3 ニューフィルの効果ってどれくらいあるの?

ニューフィルは、人体に吸収されにくいため、注入して1〜2年はもつといわれています。さらに、生体触媒となってコラーゲンの合成を促進する作用があるといわれています。

プチ整形Q&A/アクアミド注射編

プチ整形に関する代表的なQ&A(アクアミド編)をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。


Q1 アクアミドって何ですか?

プチ整形の注入剤として知られるようになったアクアミドですが、これはポリアクリルアミドと水からなる硬質のゲルです。アクアミドの成分は、ソフトコンタクトレンズや食品添加物、多くの化粧品や石鹸などといった、日常的にわたしたち人体に取り入れられている無害の物質(合成樹脂)でできています。


日本ではプチ整形で近年話題になりつつありますが、ヨーロッパでは10年以上前から使用されており、安全性について実証されているものです。



Q2 どんなプチ整形ができるの?

アクアミドを鼻筋やアゴ部分に注入することによって、鼻を高くしたり、顎をシャープに見せたり、深いシワを平らにするプチ整形が可能です。



Q3 アクアミドの効果ってどれくらいあるの?

アクアミドの特徴は、何といっても持続性が高いことなんですね。5年以上の半永久的な持続性があり、これまでにはなかった画期的なプチ整形の注入剤です。


ヒアルロン酸やコラーゲンと異なり体内に吸収されず、一度注入すると全量の約7割が残るといわれています。このため、半永久的なプチ整形効果が得られるわけです。

プチ整形Q&A/ヒアルロン酸注射編

プチ整形に関する代表的なQ&A(ヒアルロン酸編)をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。


Q1 ヒアルロン酸って何ですか?

ヒアルロン酸とは、体内の全ての基本的な結合組織中に存在し、特に皮膚や関節液などに多く含まれる多糖体です。


化粧水やスキンケア製品などに多く利用されていますよね。ヒアルロン酸が高い保水力をもつ物質であることは、よくご存知のことでしょう。このヒアルロン酸がプチ整形にも適用できるのです。



Q2 どんなプチ整形ができるの?

ヒアルロン酸注射は、主に顔の表情筋によらないしわや溝、鼻根部や顎などのボリュームをつけたい部分、くぼみやへこみなどのプチ整形に効果的です。


表情筋によらないしわには、額、目尻、眉間、目の下、鼻唇溝、口の周囲、鼻などのしわや溝、ちりめんじわなどがあります。それらの部位に沿って、適量のヒアルロン酸を注入することで、しわや溝を浅くしたり、消したりすることができます。ただし、たるみを取ることはできません。


ヒアルロン酸注射を用いれば、鼻を高くして鼻筋をスッキリと通したり、引っ込んだ顎をビーナスラインに近づけたりするプチ整形にも適用することができます。


さらには唇を厚くして、ぽってりとセクシーな口元にすることも可能です。こめかみや頬のくぼみ、気になる傷痕のへこみなども、ヒアルロン酸を注入することで、平らにすることができます。


ヒアルロン酸は、さまざまなプチ整形に適用できるわけです。



Q3 ヒアルロン酸の効果ってどれくらいあるの?

ヒアルロン酸は、効果の持続期間の面でも、従来のコラーゲン製剤に比べて長くなっています。6〜12ヶ月くらいは持続すると考えてよいと思います。

プチ整形Q&A/ボトックス注射編

プチ整形に関する代表的なQ&A(ボトックス注射編)をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。


Q1 ボトックスって何ですか?

ボトックスとは、正式には「A型ボツリヌス菌毒素製剤」といいます。名前だけみるとかなり危なそうですが、元々眼科や神経内科で眼瞼、顔面麻痺などの治療に用いられていた製剤です。これがプチ整形にも応用されるようになったわけです。



Q2 どんなプチ整形ができるの?

額や眉間、鼻、目の下などに出てくるしわを「表情じわ」といいます。表情じわは、乾燥や紫外線などが主な原因となって現れる小じわと違って、表情筋という筋肉が繰り返し収縮することが原因となってできるため、手術などによる従来の方法では治療が困難でした。


そこに救世主のごとく現れたのが、注入療法のボトックスです。すでに安全性が確認されている、このボトックス注射を用いることにより、安全かつ簡単に表情じわを軽減、消失させるプチ整形ができるようになったのです。


また、筋肉に作用することにより、汗が少なくなります。これを利用して多汗症やワキガの治療にも用いられています。


最近ではボトックスの応用範囲が拡大してきており、例えばエラの部分にボトックスを注射し、フェイスラインを細くしてシャープな小顔にするプチ整形も可能です。



Q3 ボトックスの効果ってどれくらいあるの?

ボトックスの効果は、注射後2〜3日で現れはじめ、6ヶ月は持続します。注射は5分くらいで終わり、腫れる心配もありません。化粧や洗顔も治療後からできます。

プチ整形Q&A/フェイスリフトのプチ整形編

プチ整形に関する代表的なQ&A(フェイスリフトのプチ整形編)をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。


Q1 アプトスって何ですか?

特殊なポリプロピレン製の細い糸を皮下組織に注射で通すだけで、皮下組織を保持し、頬、首の下、あご、目のシワ、たるみを改善するプチ整形です。


従来から行われているフェイスリフトのように、メスで切開することはありません。それでいて皮膚のたるみを引き締め、シワを改善できます。割と気軽にできるのが、プチ整形のいいところです。


従来のフェイスリフトは、皮下組織を引き上げ、皮膚のたるみ自体を切り取る手術です。これに対してアプトスは、皮下組織を引き上げ、皮膚は切り取らずに皮膚のたるみを寄せ上げる手術です。



Q2 アプトスの効果ってどれくらいあるの?

従来から行われているフェイスリフトを大雑把に10年とすると、アプトスは約3〜5年程度と考えればいいでしょう。


しかし、リフトしたい部位によっても、効果が異なります。ですので単純比較はできません。また、アプトスの効果持続期間は個人差があります。


アプトスは、特に中顔面(頬、目の下、ほうれい線)のたるみを解消するのに適しています。リフトアップしたい部位によって糸を通す場所が違ってきますが、複数の部位を組み合わせて行うことも可能です。



Q3 ワプトスって何ですか?

アプトスと同様、特殊な糸を用いて眉部、頬、首のたるみを改善するプチ整形です。


ワプトスの特徴は、アプトスの糸が10cmなのに対して60cmと長いことです。耳の前、眉部、フェイスライン、首など広範囲で皮膚組織を引っ張りあげることができ、シワ、たるみの改善に有効です。



Q4 ワプトスの効果ってどれくらいあるの?

従来から行われているフェイスリフトを大雑把に10年とすると、ワプトスは約5年程度と考えればいいでしょう。


しかし、皮膚の柔らかさなどの個人差や部位によって、効果持続期間は異なってきます。アプトスの場合、術後の戻りが出ることはまずありませんが、ワプトスの場合は、術後1ヶ月くらいにかけて戻りが出てきます。なので、やや強めにリフトアップするくらいでちょうどいいでしょう。



Q5 手術時間はどれくらいかかるの?

施術部位やその組み合わせによりますが、アプトスで約15〜30分、ワプトスで約20〜40分程度です。

プチ整形Q&A/目のプチ整形編

プチ整形に関する代表的なQ&A(目のプチ整形編)をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。


Q1 二重まぶたのプチ整形って何ですか?

欧米人に比べると、日本人は一重まぶたの人が多く、くっきりした二重まぶたを好む傾向にあります。これまでは本格的な美容整形手術で二重まぶたにするというのが一般的でしたが、手術して気に入らなかった場合、元に戻すことは困難です。


そこで考えられたのが、メスを使わないプチ整形により、外から見えない糸で2箇所とめて二重まぶたにする方法です。やってみて気に入らなかった場合は、糸を抜いてしまえば元に戻るので、比較的気軽に受けることができ、最近非常に人気があります。



Q2 切らずに二重まぶたにできるの?

二重まぶたのプチ整形といえば、埋没法です。二重まぶたの治療法には「埋没法」と「切開法」がありますが、埋没法ならメスを使わず、二重まぶたをつくることができます。外から見えないようにまぶたの一箇所から数箇所を止め、二重にする治療法です。


埋没法が普及する前は、メスを使ってまぶたを切開し、脂肪を取り出したり、筋に切れ目を入れて二重にする切開法が主流でしたが、手軽さがウケて埋没法が今や主流となりつつあります。



Q3 埋没法で二重にすると傷跡は残らないの?

埋没法の場合、メスを使って切開しないので傷跡は残りません。治療時間は両目で約5分ほどです。治療後の痛みもほとんどありません。治療後は2〜3日、少し腫れた感じがするかもしれませんが、目立つほどではないので、外出もできます。



Q4 手術のあとコンタクトはできますか?

目がゴロゴロし、違和感がかなり出ると思いますので、手術後2、3日は控えた方がいいでしょう。

プチ整形Q&A/基礎知識編

プチ整形に関する代表的なQ&A(基礎知識編)をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。


Q1 プチ整形ってなんですか?

メスを使わない美容整形手術のことをいいます。プチ整形には、ヒアルロン酸注射やボトックス注射、二重をつくる埋没法などがあります。


縫合・抜糸が不要で術後の腫れや内出血(青アザ)も比較的少なく、いずれも手術時間が短く数分で終わるという特徴があります。術後すぐに通常通りの生活ができるのも特徴の一つです。イメージとしては「整形」というよりも「メイク感覚」です。



Q2 効果はどのくらい持続しますか?

治療の内容によって異なりますが、例えばヒアルロン酸やボトックスを注射する施術の場合、個人差、部位や注入剤の種類によってもいろいろですが、一般には6ヶ月〜12ヶ月程度で、水分に分解されたあと体内に吸収され、やがて元の状態に戻ります。



Q3 時間の経過によって不自然になりませんか?

不自然になることはありません。


表情は自然です。また、顔がひきつったり、目の形が変わったりすることもありません。年齢を重ねれば再びしわはできますが、手術の効果がまったくなくなるわけではありません。



Q4 プチ整形の安全性やリスクはどのように考えればいいですか?

安全性は非常に高く、注意事項をしっかり守ればリスクはほとんどありません。


異物を注入すると、免疫反応によって炎症が起きる可能性はありますが、ヒアルロン酸やボトックスの場合は、異物として認識されません。アレルギー反応を起こす方もいらっしゃいますが、一時的なものです。



Q5 保険は適用されますか?

プチ整形は自由診療にあたりますので、保険は適用されません。美容整形全般にいえることですが、病気の治療ではないため、保険は適用されないのです。








広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。