プチ整形/脂肪吸引よりも安全でリスクのないメソセラピー!

プチ整形の具体的な治療法として、今回もメソセラピーによるプチ整形をご紹介します。


メソセラピーのメリットは、極細の小さな針で部分的に肌の表面に注射を打つだけなので、痛みを感じることがほとんどないことです。


また、セルライトに含まれる毒性の物質を尿を通じて排泄することになるため、一般的な運動やダイエットの場合に引き起こされる疲労感、精神不安定、虚弱感などもありません。さらに、局部的に注射されたセルライトの部位に、再び脂肪が蓄積することを防ぐ効果も期待できるんですね。


施術は簡単な注射を行うだけなので、日常生活に支障を来たすことはほとんどなく、比較的試みやすいプチ整形の治療法といえます。


脂肪吸引手術の場合、一般的には手術前のカウンセリングにはじまり、どういうふうに脂肪を取るのか、麻酔はどのようにやるのかなどインフォームドコンセントを行います。


脂肪吸引手術は、そのこと自体よく知られていることですが、実際問題として普通全身麻酔で手術をするという、立派な外科手術に当たるということです。それだけにリスクもあり、それほど簡単にはいかないということです。


しかし、メソセラピーの場合は、注射だけで脂肪吸引と同じように皮下脂肪を減少させることができます。費用対効果を考えれば、画期的なプチ整形による痩身療法といえるでしょう。


次回からは、プチ整形に関するさまざまな話題をご紹介します。

プチ整形/注射だけで脂肪を溶解するメソセラピー!

プチ整形の具体的な治療法として、今回はメソセラピーによるプチ整形をご紹介します。


メソセラピーとは、脂肪を溶解する成分である「フォスファチジルコニン」を用いた痩身法です。カーボメッドに続いて、また新しいプチ整形の治療法が増えましたね。


フォスファチジルコニンは、大豆を原料とした醤油レシチンから抽出されるもので、代謝機能を増強する働きがあります。コレステロールを減らしたり、肝臓や細胞の代謝機能を高めることが、医学的にも立証されています。


脂肪吸引手術が脂肪細胞の個数を減らしていくのに対して、メソセラピーは、一つひとつの脂肪細胞を小さくしていきます。さらに効果がある場合には、セルライトも目立たなくなります。リバウンドの心配もまずありません。すごく手軽で安全なプチ整形といえます。


通常、2〜4回目の注射の後に効果が出てきますが、脂肪吸引手術の痩身効果に比べると、4回の注射で脂肪吸引手術を受けた場合の約7割程度だといわれています。脂肪がすべて溶解するのではなく、一つひとつの脂肪細胞を小さくするわけですから、プチ整形としては十分納得できる効果ではないでしょうか。


まれにですが、2〜3回注射してもまったく効果が表れない人もいるようです。そんなときは、脂肪吸引やカーボメッド注射によるプチ整形の方をおすすめします。


また、妊娠中の方や大豆アレルギーのある方、心臓や肝臓、腎臓、循環器に既往疾患のある方は、メソセラピーによるプチ整形の適用はできませんので、ご注意ください。ご心配のある方は、担当医に相談するといいでしょう。


次回も、メソセラピーに関するプチ整形をご紹介します。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。