プチ整形にもいろいろあります

プチ整形にもいろんな治療法があります。


その中で、ボトックス注射によるプチ整形って知ってますか?


額や眉間、鼻、目の下などに出てくるしわを「表情じわ」といいます。表情じわは、乾燥や紫外線などが主な原因となって現れる小じわと違って、表情筋という筋肉が繰り返し収縮することが原因となってできるため、手術などによる従来の方法では治療が困難でした。


そこでプチ整形の登場です。


そこに救世主のごとく現れたのが、ボトックス注射によるプチ整形です。すでに安全性が確認されている、このボトックス注射を用いることにより、安全かつ簡単に表面じわを軽減、消失させることができます。


ボトックスを注射するだけで、いとも簡単に、もう一度いきいきとした若々しい表情を手に入れることができるようになったのです。


また、ボトックスは筋肉に作用することにより、汗が少なくなります。これを利用して多汗症やワキガの治療にも用いられています。


最近ではボトックスの応用範囲が拡大してきており、例えばエラの部分にボトックスを注射し、フェイスラインを細くしてシャープな小顔にするプチ整形も可能になっています。


プチ整形のメニューもどんどん豊富になっていますね。


ボトックスの効果は、注射後2〜3日で現れはじめ、6ヶ月は持続します。注射は5分くらいで終わり、腫れる心配もありません。化粧や洗顔も治療後からできます。



プチ整形で若返り!

プチ整形で、皮膚を切らずにできる若返り術といえば、“フェザーリフト・アプトス”でしょう。


このアプトスは、特殊なポリプロピレン製の細い糸を皮下組織に注射で通すだけで、皮下組織を保持し、頬、首の下、あご、目のしわ、たるみを改善してくれるプチ整形の治療法です。


プチ整形で若返り。あなたもやってみませんか?


このプチ整形は、特に中顔面(頬、目の下、ほうれい線)のたるみを解消するのに適していて、リフトアップしたい部位によって糸を通す場所が違ってきますが、複数の部位を組み合わせてプチ整形を行うことも可能です。


従来から行われているフェイスリフトのように、メスで切開するようなことはありません。それでいて皮膚のたるみを引き締め、シワを改善できる。。。


プチ整形ってすごくないですか?


また、広範囲のリフトアップが可能なプチ整形といえば、眉部、頬、首のたるみを改善する“フェザーリフト・ワプトス”です。


ワプトスの特徴は、アプトスの糸が10cmなのに対して60cmと長いんですね。


なので、耳の前、眉部、フェイスライン、首など広範囲で皮膚組織を引っ張りあげるプチ整形が可能で、シワ、たるみを改善してくれます。


たるみの状態などによっては、なななんと。。。


中顔面のリフトアップに適しているアプトスと、広範囲のリフトアップが可能なワプトスを組み合わせることもできるんですね。


これによって、より効果的なプチ整形が可能になるでしょう。


フェイスリフトはプチ整形で決まりですね!



プチ整形でくっきり二重に!

プチ整形とは、メスを使わずにメイク感覚で気軽に受けられる美容整形のことです。


本格的な美容整形の場合、メスを使うことから、チャレンジするのを躊躇していた人も多かったと思います。


それに対して、メスを使わないプチ整形は、「本格的な美容整形は怖いけど、でも、きれいになりたい・・・」という女性の圧倒的な支持を受けています。


「ちょっと鼻を高くしたい」、「二重まぶたにしたい」、「小顔にしたい」、「目の周りのシワをとりたい」など、ちょっとした部分的な不満が解消できたら、新しい自分が誕生し、とても楽しくいきいきと暮らせるはずです。


プチ整形の代表例といえば、やはり二重まぶたのプチ整形でしょう。


二重まぶたの治療法には「埋没法」と「切開法」がありますが、埋没法ならメスを使わず、二重まぶたにすることができます。特殊な糸を使って、外から見えないようにまぶたの一箇所から数箇所を止め、二重にする方法です。


埋没法が普及する前は、メスを使ってまぶたを切開し、脂肪を取り出したり、筋に切れ目を入れて二重にする切開法が主流でしたが、手軽さがウケてプチ整形の埋没法が今や主流となってきています。


治療時間は両目で約5分ほどです。治療後の痛みもほとんどありません。治療後は2〜3日、少し腫れた感じがするかもしれませんが、目立つほどではないので、外出もできます。


抜糸と通院は不要です。治療の2〜3日後には落ち着き、きれいな状態になりますが、完全に仕上がるのは、1週間後と考えておくとよいでしょう。そして、完全に違和感がなくなるのは、2〜3週間後になります。


どうですか? 手軽でしょう。この手軽さがプチ整形の最大の魅力といえるでしょう。



プチ整形/病院選びと心構えが大事です!

プチ整形を受けるに当たって、注意すべきことは何でしょうか?


今回は、プチ整形を受けるに当たって注意すべき点を2つお伝えします。この2点を実践すれば、あなたのプチ整形は限りなく成功に近づくでしょう。


まず第一は、プチ整形を受ける病院選びです。


美容系の場合、医師や病院によって取り組み方や熱心さにかなり差があるといわれています。多くの医師や病院は、欧米で行われている先進的なプチ整形の技術を勉強して習得し、それを日本での治療で実践するというスタイルをとっているようです。


プチ整形は、比較的安全性の高い治療が多いのは確かです。とはいっても、欧米で行われているプチ整形の技術を日本人に対してどのように適用するかというのは、かなり難しい問題です。当然、医師によって差が出てくるでしょうし、中にはあまり勉強熱心でない医師がいるかもしれません。


リスクの少ないプチ整形といえども、治療法の良し悪しや医師の取り組み方・スキルが、プチ整形を成功させるための重要な要素になります。


したがって、病院選びは、

1)患者の要望を正確に把握し、適切な治療法を提示してくれること
2)安全性を十分に検証した上で、リスクをできるだけ抑えた治療法を選択してくれること
3)うまくいかなかった場合でも、とにかく誠実に対応してもらえそうなこと

といった視点で、プチ整形体験者の意見などを聞きながら慎重に行うことが大切でしょう。


2つ目に注意すべき点は、プチ整形を受けるに当たっての心構えです。


手術の前にはカウンセリングを十分に受け、

1)医師の話を納得するまで聞くこと
2)プチ整形に関する自分の要望をしっかり伝えること
3)手術の良いことばかりでなく、悪いところもしっかり聞くこと
4)自分が受けようとしている手術の内容を正確に把握すること
5)納得できないときは、別の病院でもカウンセリングを受けること

に心がけてください。


次回からは、プチ整形の具体的な治療法をご紹介します。


プチ整形/メリット・デメリットを押さえよう!

プチ整形の理解を深めるため、今回はプチ整形のメリット・デメリットを押さえておきましょう。


プチ整形のメリットは、

・入院の必要がない
・短い時間で治療が可能
・術後の顔の腫れが少ない
・美容整形よりも安い
・失敗しても元に戻せるものが多い
・他人に気付かれにくい

といったところです。


一方、プチ整形のデメリットは、

・永続的な効果がない
・期待したほどの効果が得られないことがある

といったところです。メリットの裏返しですね。


美容整形は、顔や体を自分の好きなように変えてしまうようなものです。
それに対してプチ整形は、自分の気になる不満な部分を修正するという感じですね。
まぶたが二重になっただけで随分顔のイメージが変わるように、ちょっとした修正で見た目のイメージは大きく変わります。


プチ整形は、プチという言葉のとおり、すごく大きな効果があるというわけではありませんが、本格的な美容整形には抵抗がある人でも受け入れやすく、手軽にしかも即座に美しいあなたになれる方法ということになるでしょう。

プチ整形/メスを使わずに二重まぶたになるの?

プチ整形とは、メスを使わずにメイク感覚で気軽に受けられる美容整形のことです。


本格的な美容整形の場合、メスを使うことから、チャレンジするのを躊躇していた人も多かったと思います。
それに対して、メスを使わないプチ整形は、「本格的な美容整形は怖いけど、でも、きれいになりたい・・・」という女性の圧倒的な支持を受けています。


「ちょっと鼻を高くしたい」、「二重まぶたにしたい」、「小顔にしたい」、「目の周りのしわをとりたい」など、ちょっとした部分的な不満が解消できたら、新しい自分が誕生し、とても楽しくいきいきと暮らせるはずです。
「もっと早くプチ整形にチャレンジすればよかった」と、誰もが思うはずです。


美しくなるためには、ダイエットやエステ、高価な化粧品などといろいろな方法がありますが、どれをとってみても満足のいく効果を短期間で手に入れることは難しいといえるのではないでしょうか。
美しい自分になれる早道が、プチ整形といえるでしょう。


あなたもプチ整形を試してみてはいかがでしょうか?
思ったよりも簡単に、理想の美しさがきっと手に入ることでしょう。


しかし、メスを使わないプチ整形といっても、異物が体内に入るわけで、正しい知識を身につけることが大切です。
このブログでは、プチ整形に興味がある方、プチ整形を受けようと思っている方に、プチ整形のいろいろな治療法、注意すべき点などの情報を提供していきます。是非、参考にしてください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。