プチ整形Q&A/メソセラピー注射編

プチ整形に関する代表的なQ&A(メソセラピー編)をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。


Q1 メソセラピーって何ですか?

メソセラピーとは、脂肪を溶解する成分である「フォスファチジルコニン」を用いた痩身法で、1952年にフランス人のミシュエル・ピストール医師によって開発されたプチ整形の治療法です。


フォスファチジルコニンは、大豆を原料とした醤油レシチンから抽出されるもので、代謝機能を増強する働きがあります。コレステロールを減らしたり、肝臓や細胞の代謝機能を高めることが、医学的にも立証されています。


脂肪吸引手術が脂肪細胞の個数を減らしていくのに対して、メソセラピーは、一つひとつの脂肪細胞を小さくしていきます。さらに効果がある場合には、セルライトも目立たなくなります。リバウンドの心配もまずありません。すごく手軽で安全なプチ整形といえます。


最近ではアメリカにもこの治療法が紹介され、特に脂肪溶解ダイエットとして広がっています。



Q2 どんなプチ整形ができるの?

メソセラピーは、注射で治療部位に直接有効成分を注入するので、太もも、顔や首、お腹、二の腕など身体の各部位の「部分やせ」に大きな効果を発揮します。


また、セルライトに含まれる毒性の物質を尿を通じて排泄することになるため、一般的な運動やダイエットの場合に引き起こされる疲労感、精神不安定、虚弱感などもありません。さらに、局部的に注射されたセルライトの部位に、再び脂肪が蓄積することを防ぐ効果も期待できるんですね。


メソセラピーで脂肪の分解・溶解のために使用する薬剤は、ヨーロッパ各国で正式に認可されており、アメリカのFDAや日本の厚生労働省でも承認されています。


メソセラピーのメリットは、極細の小さな針で部分的に肌の表面に注射を打つだけなので、痛みを感じることがほとんどないことです。メソセラピーの出現により、苦痛や努力を伴わない安全な脂肪除去のプチ整形が可能になりました。



Q3 メソセラピーの効果ってどれくらいあるの?

通常、2〜4回目の注射の後に効果が出てきます。


脂肪吸引手術の痩身効果に比べると、4回の注射で脂肪吸引手術を受けた場合の約7割程度だといわれています。脂肪がすべて溶解するのではなく、一つひとつの脂肪細胞が小さくなるわけですから、十分納得できる効果ではないでしょうか。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。