プチ整形Q&A/フェイスリフトのプチ整形編

プチ整形に関する代表的なQ&A(フェイスリフトのプチ整形編)をまとめてみましたので、参考にしてくださいね。


Q1 アプトスって何ですか?

特殊なポリプロピレン製の細い糸を皮下組織に注射で通すだけで、皮下組織を保持し、頬、首の下、あご、目のシワ、たるみを改善するプチ整形です。


従来から行われているフェイスリフトのように、メスで切開することはありません。それでいて皮膚のたるみを引き締め、シワを改善できます。割と気軽にできるのが、プチ整形のいいところです。


従来のフェイスリフトは、皮下組織を引き上げ、皮膚のたるみ自体を切り取る手術です。これに対してアプトスは、皮下組織を引き上げ、皮膚は切り取らずに皮膚のたるみを寄せ上げる手術です。



Q2 アプトスの効果ってどれくらいあるの?

従来から行われているフェイスリフトを大雑把に10年とすると、アプトスは約3〜5年程度と考えればいいでしょう。


しかし、リフトしたい部位によっても、効果が異なります。ですので単純比較はできません。また、アプトスの効果持続期間は個人差があります。


アプトスは、特に中顔面(頬、目の下、ほうれい線)のたるみを解消するのに適しています。リフトアップしたい部位によって糸を通す場所が違ってきますが、複数の部位を組み合わせて行うことも可能です。



Q3 ワプトスって何ですか?

アプトスと同様、特殊な糸を用いて眉部、頬、首のたるみを改善するプチ整形です。


ワプトスの特徴は、アプトスの糸が10cmなのに対して60cmと長いことです。耳の前、眉部、フェイスライン、首など広範囲で皮膚組織を引っ張りあげることができ、シワ、たるみの改善に有効です。



Q4 ワプトスの効果ってどれくらいあるの?

従来から行われているフェイスリフトを大雑把に10年とすると、ワプトスは約5年程度と考えればいいでしょう。


しかし、皮膚の柔らかさなどの個人差や部位によって、効果持続期間は異なってきます。アプトスの場合、術後の戻りが出ることはまずありませんが、ワプトスの場合は、術後1ヶ月くらいにかけて戻りが出てきます。なので、やや強めにリフトアップするくらいでちょうどいいでしょう。



Q5 手術時間はどれくらいかかるの?

施術部位やその組み合わせによりますが、アプトスで約15〜30分、ワプトスで約20〜40分程度です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。