プチ整形/ボトックスでシャープな小顔に!

プチ整形の具体的な治療法として、今回もボトックス注射によるプチ整形をご紹介します。


ボトックスを注射するだけで、なぜしわが消えるのでしょうか?


表情じわは、表情筋が繰り返し収縮することによってできます。ボトックスを眉間や目尻、額などの表情筋に注射することで、その部分の筋肉が一時的に麻痺状態を起こします。表情筋を麻痺させることで、しわをつくる動きが制限され、しわができにくくなるというわけです。


また、筋肉に作用することにより、汗が少なくなります。これを利用して多汗症やワキガの治療にも用いられています。これはプチ整形ではないかもしれませんが。


最近ではボトックスの応用範囲が拡大してきており、例えばエラの部分にボトックスを注射し、フェイスラインを細くしてシャープな小顔にするプチ整形にも応用できます。


ボトックスの効果は、注射後2〜3日で現れはじめ、6ヶ月は持続します。注射は5分くらいで終わり、腫れる心配もありません。化粧や洗顔も治療後からできます。


次回は、ヒアルロン酸注射に関するプチ整形をご紹介します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。