プチ整形/広範囲のリフトアップが可能に!

プチ整形の具体的な治療法として、今回もフェイスリフトのプチ整形をご紹介します。


前回の“フェザーリフト・アプトス”と同様、特殊な糸を用いて眉部、頬、首のたるみを改善するプチ整形“フェザーリフト・ワプトス”についてご紹介します。


ワプトスの特徴は、アプトスの糸が10cmなのに対して60cmと長いことです。耳の前、眉部、フェイスライン、首など広範囲で皮膚組織を引っ張りあげることができ、しわ、たるみを改善するプチ整形に有効です。


たるみの状態などによっては、中顔面のリフトアップに適しているアプトスと、広範囲のリフトアップが可能なワプトスを組み合わせることによって、より効果的なプチ整形が可能になるでしょう。


包帯や消毒、抜糸などは不要です。通院の必要もなく、翌日から洗顔や化粧ができます。


また、従来のフェイスリフトと組み合わせた形で、治療を行うことも可能です。これによって、全体のリフトアップ効果をさらに高めることができるでしょう。


次回は、ボトックス注射に関するプチ整形をご紹介します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。